気持ちいいセックスの仕方ガイド・薔薇雑貨

女性は初体験に痛がる

 

 

初体験の時には処女膜が破れるので、出血するだけでなく、痛みも伴う。

 

 

こうした考え方が世間一般広まっています、多くの女の子は初体験を恐れています。

初体験,痛

 

けれどもこれは一般的ではなくなってきています。

 

 

なぜなら、最近の女の子は初体験の時点ではもう処女膜が完全な状態ではないからです。

 

 

つまり、それよりもずっと前に遊びやスポーツでやっていた時に破れてしまっているのです。

 

 

それから、第二に、薄い処女膜がやぶれても、たいていの場合には痛みは伴わないのです。

 

 

こうした事実は、婦人科医や小児科医ですら、明確に知らない場合が多いのですが、それはとても若い女の子はたいてい産婦人科にはまだ行きませんし、小児科も比較的まれにしか膣の診断はしないからです。

 

 

アメリカでのある調査で判明したことですが、初体験の時に処女膜が破れたとしても、出血し痛みを伴ったのは2割以下でした。

 

 

処女膜が例外的に特別丈夫にできていて、したがってまだ完全に保たれている場合には、不快な経験になることもありますが、しかし一般的には、あまりひどいことにはならないものです。

 

 

それでも、もし若い女の子が初体験で痛みを感じたとすれば、それは全く別の理由による場合が多いのです。

 

つまり、女の子が極度に緊張しているとかセックスしたくない場合には、膣が十分に濡れませんし、女の子が妊娠を恐れて、相手の男の子がぎこちない行動、思いやりのない行動をとってセックスを始めてしまった場合も同様です。

 

 

逆に、女の子がとても興奮していたり、ソフトなセックスを心から望んでいて、すっかりリラックスしていれば、初めての時でも痛みを感じることはほとんどありません。